本サイトはプロモーションが含まれています。

ライブハウスの服装は?初めてでも失敗しないための注意点と服装例も!


ライブハウスに行く時の服装は、自分らしさを表現できるのが最高ですが、初めて行く人の場合は周りから浮いていたらどうしようと不安に思いますよね。

ライブハウスでの服装は、アーティストやジャンルに応じて選ぶ楽しみもあり、どんな服装が似合うのかわくわくすることもあると思います。

ライブハウスは音楽を楽しむ場所ですが服装によっては気分や雰囲気が変わってきます。

この記事では、ライブハウスに初めて行く人に向けて、服装に失敗しないための注意点と服装例もまとめました。

目次

ライブハウスの服装は?

ライブハウスに行く時にはどんな服装を選べばいいのでしょうか?

ライブハウスに初めて行く人は、ライブハウスの雰囲気に合わせた服装が気になるでしょうし、ライブハウスで楽しく快適に過ごすための服装のポイントや注意点も知りたいですよね。

こちらではライブハウスに行く時の基本的な服装について紹介しますね。

ライブハウスの服装はジャンルや季節によって変わる?

ライブハウスに行く時の服装は、その時のアーティストやジャンルによっても変わります。

例えば、ロックやパンクなどの激しいライブの場合は、黒や赤などのダークカラーの服やレザーなどのアイテムが多く見られます。一方、ポップスやアイドルなどの明るい雰囲気のライブの場合は、いわゆる推し色の服やリボンなどのアイテムが多く見られます。

もちろん、自分の好きな服装で行って大丈夫ですが、周りと馴染みやすいかどうかを頭に入れておいた方がいいかもしれません。過去のライブ映像などを見るのもいいですね

また、ライブハウスでの服装は季節によっても変わります。

夏は暑くて汗をかきやすいので、涼しくて薄手の服や半袖やショートパンツなどがおすすめです。

逆に冬は寒くて風邪をひきやすいので、暖かくて厚手の服や長袖やロングパンツなどがおすすめなのですが、ライブハウス内は暖房が効いていたり、人が多くて熱気がこもっていますので、脱ぎ着しやすいものが便利です。

冬フェスやイベントに参加される場合はこちらの記事も参考になさってくださいね。

あわせて読みたい
冬フェスの服装は?防寒とおしゃれを両立させるコツも紹介! 冬フェスに参加する時は、寒さや雪などの天候にも対応できる服装を選ぶことが大切です。 とはいえせっかくのフェス、防寒だけでなくお洒落も楽しみたいですよね。 そこ...

ライブハウスで楽しく快適に過ごすための服装のポイントは?

ライブハウスで楽しく快適に過ごすためには、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

  • 動きやすさ:ライブハウスは基本的にスタンディングなので、動きやすい服装を選ぶことが大切です。締め付けられるような服や靴は避けましょう。また、裾が長すぎる服や靴紐がほどけやすい靴も危険ですよ。
  • 持ち物:ライブハウスでは荷物を預けるコインロッカーがある場合もありますが、小さかったり混雑していたりしがちです。そのため、持ち物は最小限にしましょう。必要なものは財布や携帯電話やチケットなどです。カバンは小さくて軽いものを選びましょう。肩掛けや斜め掛けのものが便利です。リュックは他の人の邪魔になることがあるので注意しましょう。
  • アクセサリー:ライブハウスではアクセサリーを身につけることもできますが、注意が必要です。大きくて重いものや尖っているものは、自分や他人に怪我をする可能性があります。また、落としてなくすリスクもあります。管理人は落としたものを踏んで壊してしまったことがあります。

ライブハウスの服装に失敗しないための注意点は?

ライブハウスに行く時の服装は、自分の好きなスタイルで楽しめるというのが一番ですが、それでも失敗したくないと思う人も多いですよね。ライブハウスでの服装に失敗しないためには、どんなことに注意すればいいのでしょうか?

ライブハウスでの服装に関する失敗談や体験談を紹介していきますね。

ライブハウスでの服装に関する失敗談や体験談は?

ライブハウスでの服装に関する失敗談や体験談をいくつか紹介します。

  • 白いTシャツが汗や飲み物で汚れてしまった。しかも、インナーが透けて恥ずかしかった。
  • ヒールの靴を履いて行ったら、足が痛くなった上に階段を降りる時に足をひねってしまった。
  • リュックは両手が空くので便利だが背中に背負ったままで周りの人に迷惑をかけてしまった。
  • 香水は周りの人から不快な顔をされたことがある。
  • アクセサリーは落とす可能性があること、自分や他人が怪我をする可能性も考える。

これらの失敗談や体験談からわかるように、ライブハウスでの服装はシンプルで動きやすくて汚れても気にならないものがおすすめです。また、香水やアクセサリーなどは控えめにするか、着けない方が無難です。

ライブハウスでの服装に関するQ&Aは?

ライブハウスでの服装に関するよくある質問と答えを紹介します。

  • Q: ライブハウスでは帽子はかぶってもいいですか?
  • A: 禁止されていない場合がほとんどですが、周りの人の視界を遮らないように気をつけましょう。あまり歓迎されないことの方が多い印象です。
  • Q: ライブハウスではメイクはどれくらいしてもいいですか?
  • A: メイクは自分の好きなようにしても構いません。メイク用品は持って行くなら小さくて軽いものにしましょう。荷物が多くなると邪魔になります。
  • Q: ライブハウスではユニフォームやコスプレは着てもいいですか?
  • A: ユニフォームやコスプレは禁止されていない場合も、周りの人とのバランスや安全性を考えましょう。大きな飾りは自分や他人が怪我をする可能性がありますし、目立ちすぎると注目されたり写真を撮られたりすることもありますよ。
  • Q: ライブハウスではブーツや厚底靴は履いてもいいですか?
  • A: 自分自身が転んだり怪我をしたりする可能性や、周りの人の足を踏んでしまう可能性があるので控えた方が無難です。会場でスニーカーなどに履き替える人もいますね。

ライブハウスでの服装に失敗しないためには、周りの人とのバランスや安全性を考えておくことが大切ですね。

ライブハウスの服装例は?

ライブハウスに行くときは、アーティストやジャンルに合わせて服装を選ぶのが楽しいですが、どんな服装がいいのか迷うこともありますよね。

そこで、次にライブハウスでの服装例を紹介します。女性と男性別に、春夏秋冬のおすすめの服装を見ていきましょう。

ライブハウスの女性の服装例は?

 女性のライブハウスでの服装は、動きやすさとおしゃれさを両立させたいですよね。

ライブハウスは人が多くて暑くなりやすいので、薄着や重ね着がおすすめです。

また、足元はスニーカーなど歩きやすい靴を選びましょう。

次に、季節別に女性のライブハウスの服装例を紹介します。

  • 春: 春は気温が安定しないので、パーカーやカーディガンなどを持っておくと会場内で暑くなったら体に巻くことができて便利です。また、パステルカラーなど春らしい色を取り入れると華やかになります。そこにデニムジャケットを合わせたコーディネートは、春らしさとカジュアルさを兼ね備えたライブハウスにぴったりです。
  • 夏 :夏は暑さ対策が必要ですね。Tシャツやタンクトップなどのトップスに、ショートパンツなどの軽いボトムスを合わせると涼しく過ごせます。また、サングラスや帽子などの小物で夏らしさを演出することもできますが、落としたり他の方の邪魔にならないよう配慮しましょう。
  • 秋: 秋は涼しくなってきて重ね着が楽しめますね。ロングTシャツやニットなどの長袖トップスに、ジーンズやレギンスなどの暖かいボトムスを合わせると秋らしくなります。また、柄物や、レッドやブラウンなどの暖色系の色を取り入れると季節感を出すことができます。例えば、チェック柄シャツに黒レギンスを合わせたコーディネートは、秋らしさと個性を出せますね。
  • 冬: 冬は寒さ対策が必要な季節です。コートやダウンジャケットなどのアウターは、会場内で邪魔にならないようにクロークやコインロッカーに預けましょう。ニットやパーカーなどの暖かいトップスに、ジーンズやスキニーパンツなどのボトムスを合わせると良いですね。例えば、グレーニットにブラックジーンズを合わせたコーディネートは、冬らしくシックでシンプルです。

動きやすさとおしゃれさを両立させることがポイント!

ライブハウスの男性の服装例は?

男性のライブハウスの服装は、カジュアルでシンプルなものが多いです。Tシャツやシャツなどのトップスに、ジーンズやチノパンなどのボトムスを合わせるといいですね。また、足元は女性と同じくスニーカーなど歩きやすい靴を選びましょう。

次に、季節別に男性のライブハウスの服装例を紹介します。

  • 春: 春は気温が安定しないため、パーカーやジャケットなどのは織物があると便利ですね。また、ストライプやチェックなどの柄物や、グリーンやイエローなどの明るい色を取り入れると春らしくなります。それにカーキパンツを合わせたコーディネートは、春らしさと爽やかさを出せますね。
  • 夏: 夏は暑さ対策が必要です。Tシャツやタンクトップなどの半袖や袖なしのトップスに、ショートパンツやクロップドパンツなどの軽いボトムスを合わせると涼しく過ごせます。また、サングラスや帽子などの夏らしい小物もいいですね。
  • 秋: 秋は涼しくなってきて重ね着が楽しめる季節です。ロングTシャツやニットなどの長袖トップスに、ジーンズやチノパンなどの暖かいボトムスを合わせると秋らしさがでますね。カーキやグレーなどの落ち着いた色を取り入れるとさらに季節感を出すことができます。例えば、グレーニットにカーキチノパンを合わせたコーディネートは、秋らしさと上品さを出せるライブハウスの服装です。
  • 冬: コートやダウンジャケットなどのアウターは、クロークやロッカーに預けておきます。中は、ニットやパーカーなどの暖かいトップスにでも良いですし、暑くなるのが分かっている激しいライブの場合は薄手のものにしておいて上着で調整するのが良さそうですね。

季節に合わせてカジュアルでシンプルなものが多いです!

まとめ

ライブハウスに行くときの服装は、自分の好きなスタイルで楽しめるというのが一番ですが、初めて行く人は不安だと思います。この記事では、ライブハウスに行く時の服装について以下の3つの点から紹介しました。

  • ライブハウスの服装はジャンルや季節によって変わる?
  • ライブハウスで楽しく快適に過ごすための服装のポイントは?
  • ライブハウスの服装に失敗しないための注意点は?

また、女性と男性別に、春夏秋冬のおすすめの服装例も紹介しましたので参考になさってください。

ライブハウスは音楽を楽しむ場所ですが、服装によっては楽しさや快適さが変わってきます。周りの人とのバランスや安全性も考えておくと、より楽しめますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次