本サイトはプロモーションが含まれています。

Zeppダイバーシティ座席の見え方は?2階指定席・立ち見とスタンディングキャパも!

Zeppダイバーシティの座席の見え方や2階指定席、立ち見、1階スタンディングの様子など、実際に訪れた際の写真と共にお伝えしていきます。

全国9か所にあるZeppの中でキャパの多さでは4番目のZepp ダイバーシティ東京。

商業施設の中にあるためいつも賑わっているイメージです。

この記事では、Zeppダイバーシティの座席の見え方や2階指定席、立ち見、1階スタンディングの様子などについてまとめましたので、参考になさってください。

目次

Zeppダイバーシティ座席の見え方は?

Zeppダイバーシティの2階指定席1階スタンディングそれぞれの座席と見え方についてみていきます。

Zeppダイバーシティ1階は基本的にスタンディングエリアで、2階は指定席とスタンディングエリアがあります。

Zeppダイバーシティ2階指定席・立ち見

2階席はステージまでの距離はあるものの高さがあるため全体的に見やすいです。

2階最後列、立ち見エリアより撮影

オールスタンディングの場合、5列ある2階の指定席の後ろにスタンディングエリアがあります。

身長などによりますが、1階後方で埋もれるより2階での立ち見の方がいいという声もありますね。

Zeppによっては2階最前列がドリンクホルダー付きなどの特別な仕様になっている場合もあります。

Zeppダイバーシティは全席同じ仕様のようですね。

Zeppダイバーシティ1階指定席・スタンディング

1階は2か所(フロア中ほどと後方)に段差があります。座席表でいうとN列とW列です。

そのため、後方であっても段差の最前列に限っては視界が開けており、特に着席の場合はそれほどストレスを感じることはなさそうです。

ただ、やはりステージからの距離はありますし、段差最前列以降からは見えにくくなりますね。

この写真は男性が手を上にあげて撮られていますが、実際の視界はもう少し遮られるようです。

また、PA周りは柱もありますし2階部分が頭上にあるため、視界が遮られることもあります。

耳だけで楽しめればいい、自由に動きたいから後ろや端がいい、という場合はどこであっても十分楽しめると思います。

ご自身の落ち着ける場所で楽しめたらいいですよね♪

基本的には同じ空間に
いられるだけで幸せ!

ステージ上の表情などもしっかり見ながら臨場感を楽しみたい場合は双眼鏡を持参した方が良いかもしれませんね。

管理人は、ドームやスタジアム用の防振双眼鏡と通常ライブ用の軽量なものとを持っているので、会場によって使い分けています。

最近は比較的安価でもよく見える、コンサート用の双眼鏡もありますね。

軽量でコンパクトなものが荷物の負担にならなくていいですよ。

Zeppダイバーシティのキャパは?

Zepp規模のライブハウスでは、スタンディングエリアによってキャパなども変わってきます。

Zeppダイバーシティのキャパは?

1階がスタンディングの場合と全座席指定の場合とでは倍以上の違いがありますね。

立ち位置の確保や荷物の扱いに気を使わなくてもいい2階席は数が少なく貴重です。

オールスタンディングの時の2階席は激戦となり落選の可能性も高いようです。

エントリーの際にはその点も頭に入れておきたいですね。

1階スタンディングの場合【2,473名】
1階 スタンディング:2,107名
2階 固定席:214名、2階 スタンディング:152名

全席座席指定の場合【1,102名】
1階 パイプ椅子:888名、2階 固定席:214人

Zeppダイバーシティの座席表は?

基本的な座席表はこちらになります。

コインロッカーはホール1階の両側に合計378個、Zepp外に813個

Zeppダイバーシティ内のコインロッカーはかなり少ないので注意!

お手洗いは1階に男性用1か所、女性用2か所、2階には男女とも1か所ずつ

コインロッカーは、Zeppダイバーシティ会場内は数が少ないとの声があります

会場外のものを利用した方が良いかもしれません。

特に、大きな荷物を持たれている遠征組の方はチェックインのタイミングが合わない場合も荷物だけでも宿泊先に預けられたら安心ですよね。

まだ宿泊先が決まっていない遠征組の方はこちらも参考にしてみてくださいね。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

お手洗いに関しても非常に混み合うとの声が多いので、こちらもZeppダイバーシティ東京外で済ませておくのがいいかもしれませんよ。

また、ZeppダイバーシティはZeppの中では珍しく、グッズ列や入場待機列が屋内にあるため天候や気候はあまり気にしなくても済むのが助かります。

ただ、終演後に館内を通れず外から駅に向かう場合は少し距離もありますし、冬場は寒さが厳しく感じられるかもしれません。

最近は、充電式のシンプルで可愛いカイロがたくさん出ていますので用意しておくと安心ですね。

まとめ

以上、Zeppダイバーシティの座席の見え方や2階指定席、立ち見、1階スタンディングの様子などについてまとめました。

東京でも有名なライブハウスのひとつであるZeppダイバーシティ。

ダイバーシティ東京プラザの一角にある為、食事やちょっとした買い物、早く着いた場合の時間つぶしにも便利です。

周辺にも様々な施設がありますし、遠征時にも楽しみながら訪れたい場所の一つですね。

目次